« 東国原ツアー | トップページ | 軽すぎないか »

2007年2月14日 (水)

少しは変わるかな

 政府はパートの正社員化を促すパート労働法改正案と、求人時の年齢制限を禁止する雇用対策法改正案を閣議決定。パートタイマーの厚生年金加入は、諸刃の剣の要素を含み、働く側の満足を得るには、企業は相当の負担増を強いられる。制度を導入するだけでは期待感も薄まる。

 企業がパートタイマーや契約社員を増やすのは、働き方が多様になったからでなく、固定的な人件費を削減し流動化させるのが狙い。安い労働力を当てにしてたのに、それが制限されるとなれば、一人ひとりを個人事業種にして請け負わせるかも。それでも働かなきゃ、庶民は食べていけない。

 求人時の年齢制限を禁止すれば、その項目が募集広告から消えるだけ。男女雇用機会均等法でも同じだけれど、組織内の構成比率まで口出ししなきゃ、欲しい人材を採用するのは企業の勝手。名目上ではチャンスを与えられても、働かせてもらえなければ実効性は薄い。それとも何か手はあるのか。

 正社員を減らすことで経営を立て直しても、一枚岩になれない組織では、内部告発をセーブする意識を持たない。経営者は常に薄氷を踏みながら、やり直すチャンスも与えられず、辞任せざるを得ないのが実情。悪いことをやっちゃいけないが、世間はバッシングしたら知らん顔。

 皆で一緒に幸せになろうと思わなきゃ、何をどう変えたところで、それぞれが自分のことしか考えない。旧来の仕組みが良かったとも思わないが、少なくとも安心して暮らせる人は今より多かった。味方を増やすことをテーマに、シフトを切り換えなきゃ、日本の地盤が崩れていきそう。

|

« 東国原ツアー | トップページ | 軽すぎないか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/5335328

この記事へのトラックバック一覧です: 少しは変わるかな:

« 東国原ツアー | トップページ | 軽すぎないか »