« 存在感を示せ | トップページ | 物騒な世の中 »

2007年2月 5日 (月)

一勝一敗なのか

 統一地方選と参院選の前哨戦と位置付けられたのが、愛知県知事選と北九州市長選。自民対民主の構図にもなり、結果は愛知県知事には自民党推薦が当選、北九州市長には民主党推薦が当選。柳沢大臣の失言問題など、外野席からの野次も多かったが、終わってみれば選挙前の予測に近い。

 そうは言っても愛知県知事選では、楽勝ムードの現役が苦戦する。地下鉄の談合事件の影響と、現政権に対する支持率の低下が背景にあるのは確か。北九州市長選では、福岡市長選、宮崎県知事選に続いて、自民党推薦候補が敗れたことになる。保守系支持の強い基盤だけに、今後に影響を及ぼしそう。

 自民党を支持するというより、今の世の中の基本構造を、大きくは変えてほしくないのが国民のホンネか。政治家たちが襟を正せば、自民党への支持は根強い。愛知県知事選の勝因も、景気が上向いてるのが追い風。庶民の懐が暖かくなる期待感を、どのように演出するかが課題かな。

 一方の民主党は、北九州市長選では、前衆議院議員という強い候補者。新人同士の闘いで敗れたら後がない。愛知県知事選も善戦したとはいえ、自民党の違いをアピールしきれなかった。生活維新とか抽象的な言葉でなく、民主党のアイデンティティを知らしめることが急務のような気がする。

 どの政党にしても、国民にしても、問題点は発見され、それを解決する道筋を描けるか、それぞれに突きつけられてる。私たち選ぶ側にすれば、誰に一票を投じれば、自分たちが幸せに近づけるのか。政治は法律をつくり、生活環境を変える権力を持ってると、改めて考えることが求められてる。

|

« 存在感を示せ | トップページ | 物騒な世の中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/5211986

この記事へのトラックバック一覧です: 一勝一敗なのか:

» 宮崎県知事選 [平和への結集ブログ]
宮崎県知事選でそのまんま東氏が大勝しました。自民候補の分裂に助けられたとはいえ、政党の枠を越えた支持を獲得したことも、重要な勝因でしょう。 図1 (1月22日付朝日新聞朝刊に基づき作成) 図2 (1月22日付毎日新聞朝刊に基づき作成) まずは、朝日新聞が行った...... [続きを読む]

受信: 2007年2月 6日 (火) 21時48分

« 存在感を示せ | トップページ | 物騒な世の中 »