« 荒んだ心 | トップページ | 微妙な問題 »

2007年1月31日 (水)

浜の真砂は尽きるとも

 架空の投資話で健康食品会社リッチランドの会長らを逮捕、全国1万人の会員から500億円を集めたというが、98年頃からの話というから継続的な詐欺行為。かなり巧みに装われてたから、たくさんの人が長年に渡り欺かれたのか。それにしても、この手の事件はいつになってもなくならない。

 沈没船を引き揚げるから、出資金が1年で2倍になると持ちかけ、振り込まれた金額に応じて、健康食品や化粧品を配送すれば、どこから見ても通信販売として成り立つ。文書化された証拠がなければ、詐欺罪として立件するのも難しいだろう。話だけ聞いてると、騙された人ものんびりしてる。

 この背景にあるのは、頑張った人が報われない社会。汗水垂らして働いても、儲け話に敏感な人たちが、一瞬にして稼いだ額に追いつかない。本当のところは別として、20代の社長たちのリッチな生活をTV映像で見せつけられ、ひと山当てたいと思うのも不思議じゃない。

 その背中を押すように、老後の不安は高まってくる。病気にもなれないし、年金だって信用できず、自分で何とかしようにも、働き口は見つからない。有利な配当を得られるなら、清水の舞台から飛び降りるつもりで、定期預金を解約する気持ちもわかる。老いてから野垂れ死にたくない。

 楽して稼げる風潮を煽ってるのは、政府もメディアも同じ穴の狢。自称起業家のフリーターが巷に溢れ、多重債務者も行き場を失い、経営者は安い労働力を漁ってる。真面目に働く普通の人が、穏やかに暮らせる世の中にしなければ、盗人の種はますます増殖する。

|

« 荒んだ心 | トップページ | 微妙な問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/5143722

この記事へのトラックバック一覧です: 浜の真砂は尽きるとも:

« 荒んだ心 | トップページ | 微妙な問題 »