« 食べられない | トップページ | メリークリスマス »

2006年12月23日 (土)

まだ、やるの?

 やらせ問題や乱脈経費で問題になったタウン・ミーティング、静かに幕を引くのかと思ってたら、来年度も継続するらしい。当初の予算の3億円を8千万円に圧縮し、行政関係者からの発言しか求めないようにするなど、それでもやらなきゃいけない理由がわからない。

 政府が求めてるのは意見交換でなく、単に国民からの了解を得たという形。反対意見に耳を傾けるつもりもないし、それによって議論を国会へ差し戻すなど、そんな気持ちはさらさらない。ワンマン社長が率いる会社で、上意下達の会議を開くのとよく似てる。

 給料を頂戴してる立場なら、それでも会議には参加するけど、税金を納める側の国民には、一方通行のパフォーマンスに付き合う義理はない。自己満足だけが目的で、政治離れを加速させるだけなら、せめて税金を費やすべきではないけど、政治家や官僚はそんなモラルも失ってる。

 教育再生会議での有識者の意見を悉く無視して、官僚主導の事務局が作成した原案を、民意を反映したと言い繕う手法と重なり合う。有識者の意見が必ずしも正しいとも思わないが、最初から採り上げる気もないのであれば、招集すべきではなかったのもタウン・ミーティングと同じ。

 こうした現象が次々と起こると、いくら鈍感な私たち国民も、安倍内閣のソフトなイメージが、偽りの姿と感じざるを得ない。期待して見つめる人たちは多いのだから、民主主義の原点に立ち戻り、人の意見をよく聞いて最善の策を選択しなければ、日本は迷走を繰り返しかねない。

|

« 食べられない | トップページ | メリークリスマス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/4642870

この記事へのトラックバック一覧です: まだ、やるの?:

« 食べられない | トップページ | メリークリスマス »