« 働かなきゃ | トップページ | リアルの時代かな »

2006年11月 7日 (火)

医のモラル

 宇和島特集会病院での腎臓移植手術が、さまざまな論議を呼び起こしてる。執刀した万波医師に対しては、世間の風当たりは冷たいようだけど、過去の実績から見ると腕は確か。職人気質だから誤解を招くところもあるが、それほど非難されなきゃいけないのか。

 日本で腎臓障害に苦しむ人は22万人、定期的に人工透析を受けるか、腎臓を移植しなきゃ、尿毒症で死に至る。当事者じゃないので、詳しいことはわからないけど、人工透析は経済的にも精神的にも肉体的にも、かなりの負担を強いられる。臓器移植は、ドナーが決定的に少ない。

 医学の進歩は、自然の摂理への反逆。昔なら死んでた人が、今は医療によって生き延びる。脳梗塞や脳血栓だって、日常生活を取り戻せるまでに回復するから、私たち患者の側としては有り難い。生産に寄与できなくとも、命を永らえれば感謝。でも、誰かが支えなきゃ、社会は成り立たない。

 それでも目の前の患者に最善を尽くすのが、医者の天命と理解するなら、万波医師の行為はどれだけ責められるべきなのか。手術は成功して、11例のうち10例は健全に機能してるという。ドナーの側の健康に問題が生じなきゃ、誰が迷惑を被ってるのか。金銭の受け渡しなど小さくないか。

 医療の現場は生身の人間が関わってるのだから、モラルは問われるべきだし、慎重に対処するのは基本。でも、一番大事なのは当事者のこと。メディアや学界が権威主義で、スピードを緩めることも、患者の苦痛を無視することも、違うような気がするのは、私だけなのだろうか。

|

« 働かなきゃ | トップページ | リアルの時代かな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/4091438

この記事へのトラックバック一覧です: 医のモラル:

» 朝日新聞のレベルの低すぎる社説 [とりあえず俺と踊ろう]
あまりの低レベルさに呆れてしまった。 高校生が小論文のお手本として“見る”分にはいいけれど、“読む”には値しない。 だがしかし、読むに値しないゴミ同然の社説でも、 読んでもらわなければ、レベルの低さが分からないので、我慢して読んでください。  病気腎移植 これで医療といえるか 病気のために取り出した腎臓を別の人に移植する。 こんな驚くべき手術を、愛媛県の病院が繰り返していた。 この病院は、第三者に現金を支払って腎臓の提供を受けた事件の舞台ともなった。 今回明らかになった11件... [続きを読む]

受信: 2006年11月 7日 (火) 11時15分

« 働かなきゃ | トップページ | リアルの時代かな »