« 生命の実感 | トップページ | お金を借りない »

2006年11月13日 (月)

死者に鞭打つ

 北九州でイジメ隠しが発覚した小学校の校長が、ロープで首吊り自殺と報じられた。高校の必修科目未履修問題で、やはり2人の校長が自殺してる。「どんなことがあっても、死んではならない」と、苛められてる子にメッセージを送る立場なのに、同世代のひとりとして残念でならない。

 子どもが自殺するのは、生きてる経験が少なく未熟だから、どこにも逃げ場がないと思い詰めてしまう。今いる場所だけじゃなくて、他にも居場所があると教えるのが、経験豊富な大人の立場。でも大人もまた、意識の檻に閉じこめられ、この場所の他に生きるところを探せないと考えてしまう。

 それはどうしてなのか。転んだり、滑ったり、挫けたり、逆風に晒されたことがないから。泥沼に突き落とされ、地べたを這い回り、そこから立ち上がったことがないから。間違ったら「ごめんなさい」と謝って、それでも世間は許してくれず、しばらくの間は針のムシロ。そりゃ辛いさ。

 それでも本人が生きようと願えば、狭いかも知れないけど、やり直せる場所はどこにでもある。暮らし向きも不自由になるし、冷たい視線に射抜かれるけど、それが人を太くたくましく鍛えてくれる。私たちの先人は皆、多かれ少なかれ、艱難辛苦を玉にして生き抜いた。

 教育現場に限ったことじゃないけど、子どもは大人のやることを見てる。自分自身と闘わない大人が増えてるのを知ってる。大変なのはわかるさ。イヤになるのもわかるさ。でもね、強くなろうよ。闘おうよ。自分の大切なものや、次世代を守るためにだけでも、負けちゃダメだよ。

|

« 生命の実感 | トップページ | お金を借りない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/4165623

この記事へのトラックバック一覧です: 死者に鞭打つ:

« 生命の実感 | トップページ | お金を借りない »