« 強いアメリカ | トップページ | 笊に水ってか »

2006年11月10日 (金)

教育を考える

 文部科学省に、再び「いじめによる自殺予告」が届く。消印は渋谷で、高2の女子生徒。7日に届いた自殺予告文に勇気づけられ、同じ11日に自殺を図ると記されてる。これが文面通りなのか悪戯なのか、小学生の頃にいじめられっ子だった私としては、いささか複雑な思い。

 幼児の頃の複雑骨折が原因で、左腕に筋力がないために、逆上がりもできなかったのが、私がいじめられた理由。子どもは残酷だから、けっこう厳しい仕打ちを受け、先生なんんか当てにならないし、蒲団の中で死にたくなって、涙が止まらない夜もあった。でも、自分で闘うしかないんだよね。

 その頃は私を苛めてたヤツだって、そんなことをしたと認めない。だって、忘れてるんだもの。人は皆、生まれ育ちも違えば、体型もそれぞれに別。頭が良かったり、悪かったり。それを一緒にするんだから、問題だって生まれるさ。誰だって泣きながら、大人になっていく。

 国が教育を義務化するのは、国民へのサービスじゃない。日本という国を維持、発展させるために、基本的な能力と社会ルールを身につけさせるのが狙い。教える側も、教えられる側も、その根本を忘れてるんじゃない。どうしても個性を尊重したいなら、公立の学校に頼っちゃダメ。

 体罰は許されないけれど、規則はあるのが当たり前だし、破ればペナルティを課せられる。大人の価値観に反発し、力を蓄えないと勝てないと悟り、大人のルールを受け入れながら、その一方で牙を磨くのが成長。大人がぶつかるのをためらうから、ガキに舐められるような気がする。

|

« 強いアメリカ | トップページ | 笊に水ってか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/4130427

この記事へのトラックバック一覧です: 教育を考える:

» 文科相あてに自殺予告文 「投函地区は豊島区?」 [☆いろんな職業(仕事の職種)情報館☆]
文科相あてに自殺予告文がとどいた問題・・・ [続きを読む]

受信: 2006年11月12日 (日) 00時58分

» 「いじめ自殺」対応手順の提案 [できない、困って→問題解決]
「いじめ自殺」リスクマップに基づき、「いじめ自殺」への対応手順を提案する。 【診 [続きを読む]

受信: 2006年11月18日 (土) 04時16分

» 「いじめ」は国民病?  任意整理 時事速報 [債務整理(任意整理)]
「いじめ」は国民病?  任意整理 時事速報 いじめの問題が後を絶たないですが、 命を絶ってそれで終りという悲しい現実が社会問題としてあります。 借金で死ぬ人 人間関係で死ぬ人 死が本当の解決じゃない事わかってるけど、 なんで、安易に大切な命を絶ってしまうのか・・・・ 国民病?なんて安易に無責任に名前をつけること自体、許せません!!...... [続きを読む]

受信: 2006年11月28日 (火) 23時46分

« 強いアメリカ | トップページ | 笊に水ってか »