« リアルの時代かな | トップページ | 教育を考える »

2006年11月 9日 (木)

強いアメリカ

 アメリカの中間選挙で、上下院共に民主党が圧勝。イラク戦争を仕掛けたものの、いつまでも新政権が安定せず、アメリカの負担は日に日に増してる。それに追い討ちを掛けるように、この春先から景気が減速して、低所得者層を中心に不満が高まった背景がある。

 大統領選挙は2年後だが、今回も当選を果たしたヒラリー上院議員は、すでに国民的人気を得て大本命。前大統領夫人の知名度と、夫のスキャンダルに毅然と対応した印象が、私たち日本人の脳裏にも鮮明に残ってる。ブッシュ大統領は、少数派となった議会運営にも苦労しそう。

 イラクからの早期撤退も議論されるだろうが、最も優先されるのは国内の景気対策。そうなると日本への影響も、少なからず懸念される。日本企業がアメリカでどれだけの雇用を生めるか、大衆に支持されなきゃバッシングされるかも。日本はアメリカ企業の進出を、どれだけ受け入れられるか。

 ブッシュ政権は続くわけだし、国際的な強硬路線を方向転換するとは思えない。国内の不満を外へ向けるのは、どこの国の支配層も考える常套手段だけど、戦争という選択肢を採れなけりゃ、経済政策で国際的なイニシアティブを握ろうとするのは目に見えてる。国内の保護政策も強まる。

 アメリカがクシャミすれば日本が風邪をひく。こうした構造を切り換えられなきゃ、ブッシュ大統領が起死回生を図るために、日本をターゲットにする可能性は消えない。アメリカ中間選挙の結果は対岸の火事じゃなく、自民党にしても民主党にしても鼎の軽重を問われる正念場。

|

« リアルの時代かな | トップページ | 教育を考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/4117956

この記事へのトラックバック一覧です: 強いアメリカ:

» アメリカ中間選挙、ヒラリー夫人の英語記事! [英語の本を原書で読みたい!]
アメリカの中間選挙では、民主党が有利のようですが、正直ブッシュ大統領が共和党なのか民主党かも知りませんので、今回はヒラリー夫人についての英語記事です。 Hillary Clinton re-elected amid presidential talk ヒラリーさんも再選されたので、日本のテレビにも出てたのでしょうね。ヒラリー夫人の場合、ブッシュの後釜としての期待も大きいので注目度も高いわけです。 Hillary Rodham Clinton,widely believed to ... [続きを読む]

受信: 2006年11月 9日 (木) 17時57分

» 【無料レポート】50歳をとうに過ぎた主婦が90日で毎月40万円稼ぐ方法 [主婦儲け.com]
たまに拝見させて頂いております。現役ニートの母の笠原と申します。私は50歳をとうに過ぎた主婦ですが、息子に教えてもらった【ある方法】で毎月40万円以上稼いでおります!今回ようやくその無料レポートを完成させましたので、ぜひ一度ご覧下さいませ。必ずアナタのお役に立てると信じております。ぞれでは失礼いたします。... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 11時59分

« リアルの時代かな | トップページ | 教育を考える »