« 密室の独裁者 | トップページ | 国際反戦デー »

2006年10月21日 (土)

なぜ禁止しないの

 厚生労働省は「健康日本21」の計画で、喫煙率の減少を目標設定する方針。これに対して日本たばこ産業は、個人の嗜好に行政が数値を示して介入するのは、共生に繋がると反論してる。私のような喫煙者にすれば、すでに強権発動で片隅に追いやられてる印象が強い。

 今は民営化されてるが、日本で煙草は専売公社が独占し、今もその流れは変わっていない。税率が高いのも承知してるが、若い頃から吸い慣れた煙草を、どうして今さら止めなきゃいけないのか、まったく理由がわからない。日本政府のお墨付きで、成人に許された嗜好品だったじゃないか。

 受動喫煙とか健康被害とか、研究成果が発表されるけど、覆されるものも少なくない。本当にそれほど迷惑で、社会に害悪を撒き散らすものなら、どうして日本たばこ産業を潰して、喫煙者を逮捕しないのか。公共機関の喫煙スペースをなくすのも、掃除が面倒なだけじゃないのか。

 煙草の匂いが嫌いなら、酔っ払いの嘔吐は好きなのか。動物性の強い香料は、人に迷惑をかけないのか。お互いに好き嫌いはあるのだから、それぞれがマナーを守り、棲み分けできるようにするのが社会の知恵。飛行機だって、列車だって、全面禁煙は暴挙以外の何ものでもない愚策。

 そんなに煙草を攻撃したいなら、日本から一掃すれば良い。私たちの世代のように、政府が煙草を勧めた人たちには、きちんと詫びて賠償金を支払う。それなりの筋を通してケジメをつけなきゃ、とてもじゃないが煙草を止められない。正義の仮面を被って、ふざけるんじゃない。

|

« 密室の独裁者 | トップページ | 国際反戦デー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/3902493

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ禁止しないの:

» きび酢≪送料無料≫長生の熟成きび酢 [健康一番館]
人体に悪影響を及ぼすとされる活性酸素を打ち消す、今話題の本場沖縄産100%のきび酢!美容と健康維持に大きく貢献します! [続きを読む]

受信: 2006年10月22日 (日) 18時13分

« 密室の独裁者 | トップページ | 国際反戦デー »