« 水が澱むと腐る | トップページ | 働き過ぎなのか »

2006年9月30日 (土)

恐くないのかな

 厚生労働省によると、中国から輸入された松茸に、基準値をはるかに超える農薬が検出。直ちに健康に影響を及ぼさないというが……。ちなみに昨年の国産松茸は40トン、それに対して輸入松茸は2900トン、中国産は1700トン。そこまでして松茸を賞味しなきゃいけないのかな。

 恐いのはどうやら松茸だけじゃないらしく、先日大分県の椎茸農家から聞いた話では、中国産の椎茸は傘の裏が真っ黒で、そこを削り取って加工食品に使うという。それでも安いから、日本の椎茸農家は押されて、将来の見通しが立たないとこぼしてた。日本の食べ物が年々減っていく。

 日本中の人が腹を空かしてるのだから、国内で生産される量だけでは足りない。どうしても輸入食品に頼らざるを得ない。でも一方では、コンビニやスーパーで賞味期限を切れた加工食品が捨てられ、ゴミの問題は解決されずに先送りされてる。緻密なはずの日本人が、食についてはあまりに杜撰。

 これではいけないと有機農法に取り組んだり、栄養価の高い食材を開発したり、真剣に頑張ってる人たちは日本全国にいる。ところが残念なことに、こうした情報を知ってる人は少なく、その値打ちを理解する人はさらに少ない。今は頑張ってる人たちも、支えられなきゃ踏ん張れない。

 私たちが意識的に、日本の食品を選ぶことから、少しずつ変化が訪れるのではないだろうか。日本の土で育った農産物や、日本の海で捕れた海産物を、私たちは慈しみ味わいたい。子や孫の時代になっても、日本から農業や漁業がなくならないように、私たちが考えるときを迎えてる。

|

« 水が澱むと腐る | トップページ | 働き過ぎなのか »

コメント

ご自分がスーパーに赴いてから、そういう事は言ってくださいね。
みてる人は見てますよ。

投稿: ・ | 2006年9月30日 (土) 10時22分

 弁当や総菜など加熱処理された食品は、その場で処理されてます。それ以外の食材は問屋やメーカーへ返され、飼料などに転用されるものもありますし、再処理されて別の食品になることもありますが、何れにしても供給される食糧のうち、かなりの部分がゴミになるのは事実。もちろん家庭ゴミも含めて、随分と無駄にされているということ。
 コメントを書いてくださるなら匿名ではなく、ご自分の名くらいは明らかにしてください。

投稿: 島田士郎 | 2006年9月30日 (土) 10時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/3632499

この記事へのトラックバック一覧です: 恐くないのかな:

« 水が澱むと腐る | トップページ | 働き過ぎなのか »