« 横紙破りの現実 | トップページ | 意識改革セミナー »

2006年9月21日 (木)

どうなる安倍政権

 第21代の自民党総裁は、下馬評通り安倍晋三氏。対立候補の麻生氏、谷垣氏も善戦したが、総得票の6割を超え圧勝。戦後最年少、52歳の総理大臣の誕生である。父は、官房長官を務めた安倍晋太郎氏、大叔父の佐藤栄作氏、祖父の岸伸介氏は、共に歴代の総理大臣。サラブレッドである。

 小泉政権では党幹事長、官房長官など要職を務め、大胆な政策の推進に貢献した。補佐役としての実績は評価されてるが、問題は、総理大臣として独自色をどこまで打ち出せるか。実際に総裁選での発言を聞いてると、麻生氏や谷垣氏と比べ歯切れが悪い。

 小泉政権は土壇場まで追い詰められ、起死回生の大逆転劇で誕生したから、党内の反対勢力を蹴散らせたけど、安倍政権を支えるのは呉越同舟、それぞれの思惑が見え隠れする。手綱を引き締めれば党内が揺れ、緩めすぎると国民の支持を失う。民主党の代表は、カリスマ的人気を集める小沢一郎氏。

 基本的には小泉政権の方針を引き継ぐといいわれてるが、小泉氏への批判をどのように受けとめ、安倍政権としてどう展開してくか。まったく予断を許さない。取り敢えずは来週初めの組閣および党内人事、そこで間違えると一気に支持を失うことさえ……。固唾を呑んで見守るしかない。

 私たち庶民としては、先行きに不安がなく、毎日暮らしやすいのが一番。トリッキーな政策に心惑わされず、必要な改革は断固として推し進め、不公平感のない社会を実現してほしい。それができるなら自民党でも民主党でも、こだわらずに支持したいのがホンネ。

|

« 横紙破りの現実 | トップページ | 意識改革セミナー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/3518891

この記事へのトラックバック一覧です: どうなる安倍政権:

» 駆け出し運命鑑定士の勝手に四柱推命館!! [安倍晋三さまの運命は?]
こんにちは。安倍晋三さまの運命鑑定をしてみました!!はたしてその運命は!?ぜひご訪問ください。ご覧いただけるとほんとにうれしいです(^^・・。もし必要なければお手数ですが削除してください。失礼いたしました。 [続きを読む]

受信: 2006年9月21日 (木) 08時40分

« 横紙破りの現実 | トップページ | 意識改革セミナー »