« 新聞の片隅に | トップページ | 水が澱むと腐る »

2006年9月28日 (木)

普通の感覚って

 韓国の市民団体がソウル市内で、アメリカ産牛肉の輸入再開についてアンケート。その結果、消費者の92%が韓国産の牛肉を選んだ。理由は美味しいから、国産だから、品質を信用できるから。お隣の国、それも極めて狭い地域の話だが、考えさせられることが多い。

 別に牛肉に限ったことではないが、自国で生産されたものが一番安心。それが当たり前と思うんだけど、日本ではちょっと違ってるような気がする。本場から空輸された食材を有り難がったりするけど、ドラえもんのどこでもドアを使ったわけじゃない。密封された空間で何時間も寝かされてる。

 国内だって遠けりゃ、トラックで運ぶしかない。肉だって魚だって野菜だって、鮮度も味も落ちていく。色々工夫したって、採れたての旨さには敵わないと皆が知ってる。高級食材なら飛行機も使えるけど、毎日食卓に上るような食材なら、外国のものは船で運ばれる。放っておけば腐ってしまう。

 そうならないようにするには、薬品やら防腐剤やらで処理するけど、美味しさまで保証できるわけでなし、安全基準だって絶対視できない。そんなふうに追ってけば、できるだけ日本の食材を食べたいよね。日本の土壌が農薬に汚染されてるとか、それじゃ外国の土壌は汚染されてないのか。

 日本の土に問題があるなら、日本人が解決すれば良いし、そこで暮らしてるんだから、やろうと思えばできる。何よりも日本で生まれた私たちは、子どもや孫も日本で暮らす人のほうが多い。今だけじゃなく先のことも考えたら、韓国の人のほうがはるかにマトモなような気がする。

|

« 新聞の片隅に | トップページ | 水が澱むと腐る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/3608213

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の感覚って:

« 新聞の片隅に | トップページ | 水が澱むと腐る »