« TOBをどう捉えるか | トップページ | 負の連鎖じゃないか »

2006年8月11日 (金)

夏の温泉は暑い

 家の近くの日帰り温泉には、千円床屋が入ってるので、髪を切るために朝から温泉へ。開店してすぐに行ったつもりが、わずか5分遅れただけで1時間待ち。そりゃそうだよね。何しろ普通の床屋なら、4千円近くかかるのだから。ヘアデザインに凝ってるわけでもなし。

 こうした床屋が増えてくると、町中の床屋は大変だろう。実際に店を閉じる話もチラホラ、手に職を持っても、なかなか世間を渡れない時代。短期的に見れば利用者には有り難いが、長期的にはどうなのだろうか。技術をプライスダウンしていけば、床屋になりたがる人は減っていく。

 そんなことを考えながら髪を整え、湯船へと向かう。手足を伸ばすと、極楽、極楽。充分に温まってから髪を洗い、サウナで蒸されて、水風呂で身体を引き締める。露天風呂を楽しんでると、やたらに喉が渇く。湯の温度はぬるめだが、やはり夏なのか空気がすでに暑い。

 いつもは2時間は入ったり出たり、しかし今日は1時間半くらいで頭がぼんやり。バスタオルでいくら身体を拭いても、汗が湧き出て止まらない。お昼にラーメンを食べたら、さらに汗、汗、汗……。身体中の老廃物が流れ出た気分。夏の温泉も乙なもの。気分爽快リフレッシュ。

 このところ出かけて帰ると、シャワーで頭の天辺から爪先まで、それはそれで気持ち良いのだが、日本人はやはり湯船に浸かり、のんびり浮いてるのが一番。髪もサッパリしたし、これから仕事に集中。ない知恵を絞り出せそうな予感。さぁさ、頑張るぞ。

|

« TOBをどう捉えるか | トップページ | 負の連鎖じゃないか »

コメント

はじめてコメントします。社内自由人という名で営業シェアをしている別所謙一郎と申します。駅中にも、1000円カットの店が増えましたね。実は、一度利用したのですが、サービスレベルも1000円だったので、4000円の床屋に行っています(笑)
どの業界にも価格破壊は起こります。しかし、価格破壊が起これば、そのサービスに納得しない層が現れます。ですから、サービスに自信のある会社(床屋)は、益々儲かるのですね。

なんて、暑いので、外に出ないでコメントを書いている暇人より。色々と、勉強させてください。

投稿: 別所謙一郎 | 2006年8月11日 (金) 18時35分

 別所さん、コメントありがとうございます。
 確かに生き残るには差別化が必要ですね。
 価格の問題でなく、価格に見合う価値を提供できるか否か。
 それができれば棲み分けになるのでしょう。

投稿: 島田士郎 | 2006年8月11日 (金) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/3019134

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の温泉は暑い:

» online casino black jack [online casino black jack]
たまに来ますのでよろしくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2006年9月14日 (木) 05時44分

» casino promotion [casino promotion]
たまに来ますのでよろしくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2006年9月18日 (月) 12時22分

» payday loan [payday loan]
たまに来ますのでよろしくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2006年9月27日 (水) 06時49分

» xenical [xenical]
たまに来ますのでよろしくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2006年9月27日 (水) 13時49分

» college [college]
たまに来ますのでよろしくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2006年9月28日 (木) 17時14分

« TOBをどう捉えるか | トップページ | 負の連鎖じゃないか »