« 偉いと思ってるんだ | トップページ | 公開セミナー告知 »

2006年7月 2日 (日)

まだ若いのに

 元総理大臣の橋本龍太郎氏が、68歳の若さで亡くなった。6月の4日に腸管虚血で入院し、大腸の大部分を切除していたという。派閥の会長も辞め、表舞台からは身を退いた形だったが、村山内閣の後を受けて総理大臣に就任し、省庁再編など行政改革にも着手した。

 田中、竹下の系譜となる平成会を率いただけに、金銭に関わる事件にも深く関与して、それが致命傷で退陣した節もある。小泉政権誕生の一方の立役者であり、派閥政治の幕引き役という一面も見逃せない。毀誉褒貶の多い政治家だったが、私たちの生活に強く影響を及ぼした大物である。

 もう少し枯れた年代を迎えれば、昭和から平成にかけての時代を、興味深く語ってくれそうな気もしていた。功罪については、歴史が証明するだろうから、今の段階では、ご冥福を祈るのみ。それにしても小泉政権が終わろうとしてるときに、象徴的な人物の訃報である。

 私がいささか心を揺らしたのは、68歳という年齢。手が届きそうな印象を受ける。若い頃に少し先輩だった方々と近いだけに、とても他人事に思えないのも事実。橋本氏は病死だが、命に関わるような病を患っても、ちっとも不思議でないと思い知らされる。

 一日一生、そんな言葉が切実に迫ってくる。まだやり残したことの多い未熟な身としては、そう簡単に鬼籍に入るわけにいかないが、こればかりは自分ではどうすることもできない。たとえ百歳を越えようとも、すべてを完了できないのかもしれないが、それにしても60代では早過ぎる。

|

« 偉いと思ってるんだ | トップページ | 公開セミナー告知 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/2461424

この記事へのトラックバック一覧です: まだ若いのに:

» 訃報 [共通テーマ]
訃報のニュース、亡くなられた方へのメッセージなどをお願いします。 [続きを読む]

受信: 2006年7月 3日 (月) 22時04分

« 偉いと思ってるんだ | トップページ | 公開セミナー告知 »