« 違うような気がする | トップページ | お金を借りるのは »

2006年7月26日 (水)

自分と向かい合う

 本を書いたり、講演したり、それで生計を立てていることを、なかなか理解してもらえない。個人的な相談を、メールで持ちかけられるが、無視するわけにもいかず、ていねいに応えていたら、仕事に影響を及ぼしてしまい、どの程度にしておけば良いのか困ってしまう。

 もしかしたら悩みを打ち明けることで、問題の大半は解決して、私が真剣に考えずとも済むのかもしれない。けれどメールを読んでしまったら、それなりのコメントを返すのが礼儀と、思ってしまうのは私が旧いのか。無償で人の知恵を当てにしてるのだから、取り合わなければ良いのか。

 営業という仕事は、それぞれに置かれた環境が異なり、それに伴って浮かび上がる問題も個別。確かに本を読んでも、セミナーに参加しても、自分が直面する問題に、ストレートに応えてくれない。自分自身のフィールターを通す能力がなければ、遠い世界の話に聞こえてしまったりする。

 それでも自分自身と向かい合い、すべての源泉は自分にあると考えれば、想像力を働かせてヒントを見いだせる。そのときに肝心なのは闘う覚悟。実を言うと問題点は、当事者ならぼんやりとわかっていて、そこを突き抜けるには闘わねばならないのもわかってる。

 誰かに手を差し延べてもらえば、傷つかずに済むと思うのは、皆が弱い人間だから仕方ない。でも、そこで助けてもらったら、いつまで経っても闘い方が身につかない。厳しいことを言うようだが、自分で苦しみ、悩み、這いずり回り、結果を恐れずにぶつからねば、可能性は開かれない。

|

« 違うような気がする | トップページ | お金を借りるのは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/2806509

この記事へのトラックバック一覧です: 自分と向かい合う:

« 違うような気がする | トップページ | お金を借りるのは »