« 法とモラル | トップページ | コンプライアンスてか »

2006年6月22日 (木)

ちゃんと考えよう

 アメリカ産の牛肉の輸入再開が決まった。肉の塊で売られるなら、イヤなら買わなきゃ済むのだが、加工食品になったら判断できない。値段でわかるわけでなし、メーカーや製品で区別できるわけでなし、本当に安全なのかを誰が保証してくれるのだろう。

 牛肉はBSEの問題などで騒がれたから、皆が神経質になってるところがあるけど、本当のことを言えば日本人の食生活は、かなり危ないような気がしてる。何しろ自給率40%。国産の食品だけで賄ってる人は、この国にはいないと考えて良いくらい。どこに何が入ってるかわからない。

 野菜など中国産のものが増えてるが、どんな肥料や農薬を使ってるのか、運搬経路も長いのだから、その間に何が使われてるのか、私たちはほとんどわかっていない。味も大事だが、それ以上に大事なのは安全性。やはり日本で生産されたものが一番じゃなかろうか。

 第一次産業と呼ばれる分野は、生命を支える基幹なのに、日本ではあまり人気がなく、農業などは高齢化が進み、後継者も少ないと聞いてる。このままの状態が続けば、私たちは何を食べさせられるかわからない。ブランド品で身を飾っても、内臓がボロボロでは洒落にならない。

 生産から消費のプロセスで、どうすれば皆が豊かに安心して暮らせるのか。本気で考えなきゃ、手遅れになってしまうかもしれない。大地の恵みを受け取るために、一人ひとりがどうすれば良いのか、食と自然について、真面目に取り組まなきゃ、ツケは自分自身に回ってくる。

|

« 法とモラル | トップページ | コンプライアンスてか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/2323890

この記事へのトラックバック一覧です: ちゃんと考えよう:

» アメリカ産牛肉に関するなぞかけを思いつきました。 [なぞかけブログ]
毎日楽しいなぞかけをつくっています。けっこう真面目な内容ですよ。「アメリカ産牛肉」とかけて・・・ [続きを読む]

受信: 2006年6月23日 (金) 08時53分

« 法とモラル | トップページ | コンプライアンスてか »