« 古代への思いを寄せて | トップページ | お金の儲け方 »

2006年6月 5日 (月)

何を誰が罰するのか

 村上ファンドの村上氏が、インサイダー取引の容疑を認め、今日にも逮捕されると報じられた。朝日新聞の記事を読むと、堀江氏との雑談に近い内容。これでインサイダー取引が成立するなら、一部上場企業の経営者は戦々恐々。ライブドアの風説の流布に似た立件のような気がする。

 私は村上氏は相場師だと思っているので、表社会に登場させることが、そもそもの間違いと考えている。生き馬の目を抜く相場の世界で、賭博に似た感覚で勝負する。情報を仕入れるのも、まっとうな手段ばかりと限らない。ひと昔前の政治家たちも、同じ穴のムジナではなかろうか。

 騙したり、騙されたり、裏を掻いたり、虚を突いたり、狐と狸の化かし合い。その結果、巨万の富を築いた相場師が、人知れず野垂れ死ぬ。昔からイヤになるほど聞かされたストーリー。よほど金に目が眩んだ亡者でもなければ、相場師になろうとも思わず、庶民には縁遠い世界だった。

 それを若い人たちがあこがれるようになったから、村上氏は生け贄にされざるを得なかった。村上氏の最大の罪は、己の分をわきまえなかったこと。陰に咲く相場師風情が、表舞台にしゃしゃり出て、善良な市民のように装ったこと。それを社会のバランス感覚が見逃さなかった。

 さまざまな不祥事が暴かれているが、これも今に始まったことでなく、情報量が飛躍的に拡大したので、明るみに引きずり出されたにすぎない。権力の座に就くことで、根拠のない不労所得が許されるほど、これからの世の中は甘くない。庶民は何もできないようだが、決して愚かではない。

|

« 古代への思いを寄せて | トップページ | お金の儲け方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/2085023

この記事へのトラックバック一覧です: 何を誰が罰するのか:

« 古代への思いを寄せて | トップページ | お金の儲け方 »