« 情報の値頃感は? | トップページ | ゲームばっかしやって »

2006年5月22日 (月)

人の話は聞くもんだ

 天気予報は晴れだったが、空模様が怪しいので、傘を持って東京まで出かけたが、しだいに暑くなり初夏気分。午後一番で、大手企業をクライアントに持つコンサルタントを訪問。本を書きたいときに連絡があり、原稿のチェックや執筆の指導を頼まれる。今回もそうだが、今日のところは雑談。

 景気はやはり上向いているようで、大手は新たな成長戦略を練り始めているらしい。この人の主張は質は量を生み出すが、量は質へ転化しないということ。徒に規模を拡大させても、企業文化を確立させていかなければ、国際社会の中で淘汰されると予見。興味深いテーマである。

 日本人は和魂洋才の柔軟な発想で、アイデンティティを守りながら、外からの文化を融合させ、独自の領域を生み出していった。これからの時代は、日本人か否かに関わらず、そうした発想を継承させた企業と人材が勝ち残る。具体的なケースも数多く挙げ、時間が経つのも忘れて聞いていた。

 平河町から池袋へ移り、次はセミナー会社の経営者。専門分野の講習が得意で、私の仕事とご縁は薄いが、昨年は企業内研修を演出してくれた。苦労話を聞きながら、プランニングを活かすも殺すも営業しだいと話すと、私の活動に興味を持ってくれ、ここでもついつい時間オーバー。

 実はこの人、mixiの仲間。話題はそこにも飛んでいき、SNSの可能性についても意見を交換する。私はmixiでも日記を書いているが、それに対するコメントも出てきて、かなり距離が縮まったような気がする。やはり人には会ってみて、話を聞いたほうが良い。今日は少しだけ、賢くなった。

|

« 情報の値頃感は? | トップページ | ゲームばっかしやって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/1901213

この記事へのトラックバック一覧です: 人の話は聞くもんだ:

« 情報の値頃感は? | トップページ | ゲームばっかしやって »